FC2ブログ

まさかの…

こんばんは。音々子です。

こちらで報告はしていませんでしたが、
先日、主人が運転していた車の前の車が道路に飛び出してきた
子猫をはね(気付かなかったのかはわかりませんが、そのまま行って
しまったそうです)その子猫を保護しました。

ほぼ即死の状態だったそうで、
生後2カ月程の子猫は短い生涯を終えてしまいました。

子猫の遺体は、お休み前の夕方だったということもあり、
業者に火葬を依頼し、合同供養塔に納骨してもらいました。

鈴(りん)も生後2ヶ月くらいの時に車にはねられたところを主人が保護、
頭を打っていたので危険な状態でしたが、少しの障害は残っていながらも
元気に過ごしていますが…今回は助けられませんでした。

なんというか… 悲しいし、虚しいし…
様々な気持ちがこみ上げてきて、つらいです。

それから2週間程経った9月12日。
仕事中の主人から電話がありました。

「子猫が出てきた」

という言葉に、はじめは意味がわかりませんでしたが、
子猫が大きな声で鳴いているのが聞こえ、

「どこから?何匹?」と聞くと

「袋の中から1匹。あ、でも他にもいるかも」というと、
職場の人に「他にもいるかも」と声をかけ
すぐに「いた」と返答がありました。

廃棄物の中にあった袋の中に4匹の子猫を発見。
生後2週間~3週間くらいだと。

仕事をしながらも子猫が気になって仕方がないと
その後も電話があり、その後の電話は「仕事を早退した」でした。

すぐに動物病院へ。

子猫たちは、ノミがたくさんついていたので
ノミ駆除のスプレーをしてもらい、簡単な診断。

4匹とも体重は290g程で、生後3週間くらいとのこと。
ドレミ達と同じ男の子1匹、女の子3匹でした。

動物病院で粉ミルクと哺乳瓶を購入して帰宅。

mk09120001.jpg

低体温気味の子もいて、ミルクの飲みも悪かったので、
ダンボール箱を覗く度に生きているか怖くて怖くて…。

今日で2日経ちましたが、
ミルクもだんだん上手に飲むようになり、
ミルクをあまり飲まない子は離乳食を食べることもわかり
すこ~しずつ… 育ってくれるだろうと思えるように。

mk0912011.jpeg

mk0912021.jpeg

mk0912031.jpeg

mk0912041.jpeg

みんな「さば白」で、まだ区別がつかず困っています。

はじめはどうにか生きてほしいと必死だったので余裕がありませんでしたが
やっと… お顔を覗いたり、ヨチヨチ歩く姿が可愛いなぁ…と。

キトンブルーのお目々でみつめられるとたまらないです。

まだ気は抜けず、しばらくは4~5時間置きのミルクタイムは続くので
寝不足が続き、体力も不安ですが、スクスク育ってほしいと願うばかりです。

さすがに今回はウチの子に…は無理なので、
1カ月半くらいになったら里親さんを募集しようと思っています。

また、ウチの子たちは、玄関に隔離している子猫たちが
気になって気になって仕方がないようで、
ミーミー鳴いているとシドを筆頭に、ドアを開けようと必死です。

検査が終わるまでは、リビングのみで過ごしてもらわないと
いけないのでみんなには申し訳ないのですが…仕方ないです。

最後に…

なんでこんなに、猫たちに過酷な国なんでしょうか…。
猫はゴミじゃないです…。

ガンジーの言葉だとか、実際は違うと言われてもいる

「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物のあつかい方でわかる」

という言葉が、何度も頭に浮かびます。





PCR検査の結果

猫エイズの検査で陽性反応が出てしまったチップ。

検査キットでの陽性反応は感染しているのか

母猫からの移行抗体で感染していないのかわからず

正確に分かるのは生後6ヶ月~8ヶ月と言われました。

そんなに待っていられない! ということで…

色々調べて、今の時期でも感染しているかどうか分かる

PCR検査を先週の水曜日に受けました。

検査から6日、検査を行った動物病院から電話。

ドキドキしながら検査結果を聞きました。


「チップちゃんの検査結果、陰性でした」

!!!Σ(*゚◇゚*)!!!
よかったーーー!!!(o´Д⊂)



速攻で旦那に電話して報告。

もちろん、大喜びでした(*^▽^)

本当に…本当に…よかった(T▽T;)

皮膚糸状菌が完治したら、みんにゃと一緒に過ごすことができます。

完治までもう少し時間がかかりそうな感じですが、治ったら

お兄ちゃんとお姉ちゃん達に、いっぱい遊んでもらいます。

ご心配&陰転を祈っていただいてありがとうございましたm(_ _ )m


きっと…多頭飼いしていらっしゃる方で

保護した子猫の猫エイズ陽性反応で、私と同じように

たくさん悩んでいる方がいると思います。

猫エイズに関する知識や検査、多頭飼いの場合の選択など

今回のチップのことで、同じ経験のある方のブログ等で

学ばせてもらったので、落ち着いたら、情報を記事にして

同じ状況にあわれた方のお役に立てたらと思います。

その後のチップ

チップが我が家にやってきて、明日で二週間になります。

保護した当日に動物病院に行きましたが
下痢になり、その5日後にも診察してもらいに行きました。

虫は今回も発見されずほっとしましたが、環境の変化や
食べるものが変わったことが原因のようで
下痢止めと整腸剤を処方してもらいました。

5日間で体重は600gから900gに。
よく食べるのでどんどん大きくなっています。
男の子だからかもしれないですね。

皮膚病は、飲み薬の他に舐めない部分用に塗り薬も処方
してもらい、皮膚糸状菌症などの皮膚病の治療に用いられ
ているシャンプーも購入して5日置きにシャンプー。

敷物は毎日洗濯、消毒と手洗いの徹底で、早く治ってもらう
ために、できることを続けていましたが…

本日の診察で、まだ菌がいることが分かりました(*´σω・、)

完治していればケージを玄関からリビングに移動させる予定で
その準備を進めていたのでガッカリ(_ _。)

ケージにダンボールハウスを連結して遊べるスペースは作って
いますが、それでもやはり狭いし、淋しいし、つまらないし…で
日に日に「出してー!」が激しくなっているチップにとっては
辛い日々が続きますが…仕方ないです(>_<)

明日、ケージ内の消毒をする際に新しいおもちゃを追加して
あげようと思います。

それと、PCR検査をしました。

結果が出るまで一週間前後。
陰転してくれたらいいなぁ…(T▽T;)

僅かな可能性に賭け、インターフェロンも接種してもらいました。

PCR検査で陽性だった場合は、二ヶ月間毎週接種してもらい
陰性だったら接種はストップする予定です。

体重は1.1kgになり、良く食べて、良く遊んで、元気いっぱいです(^-^*)

P1260802_R.png

ケージから覗いている姿は可愛くて「チップ!」と呼ぶと
「にゃ~」とお返事する姿にメロメロです(*/∇\*)

P1260839_R.png

ミルクを飲んだ後のおヒゲもたまらないです(* ´艸`)

角度によってはドレミに似てるかも?

P1260852_R.png

女の子っぽいお顔もだんだん男の子な表情をすることが
多くなってきました。

どんなニャンコに成長していくのか楽しみです。

毎日あっという間に一日が終わり、なかなか更新できず、訪問もできずで
申し訳ありませんm(_ _ )m

PCR検査の結果が出たらまた報告させていただきます。

Theme: 猫画像 | Genre: ペット

7匹目のニャンコ

ビビを保護してそろそろ2ヶ月。
ようやく深夜&早朝の運動会の回数が減ってきたので
ゆっくり寝られるようになるかなとほっとしていた時に…

10月13日午前9時。
旦那が再び子猫を保護しました(ー∀ー;)

仕事で移動中、道路にいたそうです。
母猫は見当たらず、そのまま置いて行ったらまた道路に
出るだろうという状況で、保護することにしたと。

電話連絡があって、すぐに迎える準備。
それから3時間半後に子猫を抱いた旦那が帰宅しました。

ビビより小さい子猫でしたが、ビビほどは痩せていなくて
お腹も空かせていたけど、ビビのようながっつくほどでは
ありませんでした。

P1260737_R.png

汚れていて匂いもきつく、耳の先端がただれていたり
前足の毛が抜けていたり、あまり状態はよくない様子。

P1260741_R.png

夕方に動物病院に連れて行きました。

体重600gの男の子で、生後二ヶ月くらいとのこと。
必要な検査をしてもらい、レボリューションもしてもらいました。

毛が抜けていたのは皮膚病(皮膚糸状菌症)が原因で
毛が抜けている箇所が多いので塗り薬ではなく
飲み薬を処方してもらいました。

そして…

猫エイズの検査が陽性。

二ヶ月後に再検査の予定ですが、再検査を待たずに
生後二ヶ月でも猫エイズの陰性・陽性が明確に分かる
PCR検査を受けることを考えています。

保護猫が猫エイズや猫白血病のキャリアの可能性があることは
理解していたし、覚悟もしていました。

ドレミ達も鈴の時もビビの時もキャリアでないことを祈りました。
今回もそうでした。

でもやはり…動揺しました。

検査の結果を伝えた旦那もかなりショックだった様子でした。

生後二ヶ月くらいなので陰転する可能性はありますが
陰転する可能性は獣医さんや色々調べたところ
生後二ヶ月の子猫で20%~30%程度な感じです。

ビビをうちの子にする方向で考えていて、今後保護することが
あっても里親さん探しをすると話していましたが、猫エイズの
キャリアでもいいと言ってくれる里親さんは少ないのが現実です。

このことも踏まえ、猫エイズのキャリアでもキャリアでなくても
この子のことをしっかり考えていきたいと思います。

やんちゃなのでビビのいい遊び相手になるなと思っていましたが
玄関横にケージを置いて隔離し、日中は旦那の部屋にダンボールで
遊び場を作って遊ばせています。

皮膚病は猫にも人間にも感染するので、手洗いと消毒が必要
ですが、色々なことを学ぶ今の時期、できるだけ淋しい想いを
させないようにしていきたいと思います。

名前は「チップ」と付けました。
チップの明るい未来を祈ってもらえたら嬉しいですm(_ _ )m

獣医さんに洗うのはOKと言われたので、昨日チップを洗いました。
暴れるかな?と思ったら、拍子抜けするほどシャンプーもドライヤーも
イイコにしていてくれました。

洗面器のお風呂にも静かに浸かってくれたのにはビックリでしたが
とっても可愛かったので旦那がいたら写真を撮ってもらいたかった!

ドライヤーが終わった後のチップ。

P1260777_R.png

キレイになりました(*・∇・*)

P1260768_R.png

可愛いお顔でカメラ目線(* ´艸`)

抱っこしてーと訴えるチップの動画もあげちゃいます!



トイレもすぐに覚え、一度も失敗していないお利巧さんです。
甘えん坊で遊ぶのが大好きで、とっても可愛いチップ。

寝不足な日々は更に続きそうだけど
子育て頑張ります!

Theme: 猫画像 | Genre: ペット

その後のビビ

またまたご無沙汰してしまいました。

いつまでも暑いなー…と思っていたら、一気に冬のような冷え込みですが
皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

音々子家はビビがやってきてから再び深夜、早朝の大運動会開催で
寝不足の日が続いておりました( - _ - ;)

ビビは虫もすぐに落ち、食欲モリモリであっという間に元気いっぱいの
やんちゃ娘になりました。

P1260640_R.png

相変わらずの下がり眉毛で笑えます(* ´艸`)

抜けたり、刈ったりした毛も生えてきて、なかなか良い毛並みになりました。

P1260688_R.png

警戒心がどんどん減り、すっかり家ネコです。

P1260458_R.png

5匹並んでのごはんタイムは6匹に。

末っ子だった鈴はお姉さんらしくなりましたが

P1260671_R.png

シドの取り合いをしていたり…(ー∀ー;)

けれど、気が付けば仲良くしている光景があったりで

P1260580_R.png

猫同士も色々あるんだなぁと観察を楽しんでいます。

一番心配していたドレミとの相性は…

P1260630_R.png

怒っている顔をしていますが、違うんです(* ´艸`)



ビビはドレミのことを尊敬している様子で、ドレミはそんなビビが可愛いらしく
相性ってあるんだなとつくづく思いました。

しかし…困ったことが一つ…(ΘェΘ;)

シドお兄ちゃんにたいしてのビビが…
甘えすぎというか…扱いがひどく( - _ - ;)



おんぶ…

シドが優しすぎるんですよね(ー∀ー;)

そんなパワフル過ぎる子猫ビビが少しずつですが落ち着いてきて
寝不足も解消されるかなと思っていたら、またもや事件が!(T▽T;)

長くなったので次回に続きます。



Theme: 猫画像 | Genre: ペット