スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファー再入院。危険な状態です…

前回の記事でファーの状態をお伝えしましたが、その後、状態は悪くなっていきました。

10月31日0時
ファーの状態が悪くなり、動物病院に電話をしました。
・丸一日トイレをしていない
・ご飯を食べず、水も飲まない
・呼吸が速い
など現在の状態を伝えました。

10月31日4時
呼吸がとても苦しそうだったので、再度、動物病院に電話をし、診てもらうことに。

10月31日4時半
動物病院に到着し、診察してもらいました。
・熱はなし(平熱)
・傷口に炎症などの問題なし
・チアノーゼなし
先生は首を傾げていて「帰宅後、なにかありましたか?」と聞かれましたが、誤飲や
激しい運動をしたなど、まったく思い当たることはありませんでした。
呼吸の状態から、肺炎か肺水腫の疑いがあり、痛み止めを打った後、酸素室に入
り、入院することになりました。

その後、先生から連絡がありました。
レントゲンを撮り、肺の画像から肺水腫と診断。
利尿剤で肺にたまった水を排泄させることを試みるとのこと。
肺水腫は、ファーにもともと心臓疾患があり、麻酔(静脈点滴)をかけたことで心臓
に負荷がかかったことが原因かもしれないと言っていました。

お昼頃に動物病院に電話し、ファーの状態を聞きました。
超音波(心臓エコー)を撮った結果、心筋症と診断。
引き続き酸素室で利尿剤を使用するとのこと。

血栓塞栓症になる可能性があり、危険な状態です。

【血栓塞栓症】
血の塊が血管に詰まった状態を血栓といいます。
全身性血栓塞栓症は心筋症で頻繁に生じる致命的な併発症です。
拡張した房室内の血液の停滞と血小板の活性増強により、心筋症
の猫は全身性血栓塞栓症を起こしやすい。

ファーに心臓に疾患があることは気付きませんでした。
避妊手術の術前検査に心臓エコーは入っておらず、今回のような
ことが起こり得る知識がなかったことを悔やんでいます。

心筋症のファーに麻酔をかけてしまったなんて…
申し訳なくて、申し訳なくて、いくら謝っても足りません。

一日ずっとファーのことが頭にあり、後悔と心配の繰り返しですが、今は
肺の中の水が減って、ファーの呼吸がラクになること、血栓塞栓症になら
ないことを祈るばかりです。

ご心配おかけして申し訳ありません。
また報告させていただきます。


--------------------------------

ブログの更新やご訪問がしばらくできないかもしれません。
いただいたコメントやメッセージにお返事ができないかもしれません。
大変申し訳ありませんが、ご了承の程よろしくお願いします。

スポンサーサイト

心配だー

P1190566_R.jpg

P1190577_R.jpg

P1190569_R.jpg

P1190576_R.jpg

♪ 音々子のつぶやき ♪

退院する時に

「術後2~3日は元気や食欲が落ちることもありますが、手術中に

点滴をしていますので多少食欲がなくても問題ありません。」

「抗生物質を注射していますので、別途、薬を与える必要はありません」

と、説明は受けましたが…

今日はご飯も食べず、お水も飲まず(指でなめさせる程度はしましたが)

トイレにもいかずで、呼吸がはやいのもとても気になっています。

同じ状態になって、3日後くらいから元気になったと言っていた方も

いたのですが心配なので、明日の朝まで今の状態が続くようであれば

動物病院に電話をして現状を伝え、来院しようと思っています。

ひんやりしたところに行きたがるのは、痛みを和らげるためなのかな…。

他のニャンコは普段通りドタバタしていますが、やっぱりファーの

ことが気になるようで、時々様子を見に来たり、顔をなめたりしています。

ファー、また5匹で運動会できるように、はやく元気になろうね…。

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ



応援してもらえたら嬉しいです。
お手数お掛けしてスミマセンm(_ _ )m
Theme: 猫画像 | Genre: ペット

おかえりファー

P1190526_R.jpg

P1190506_R.jpg

P1190545_R.jpg

P1190540_R.jpg

P1190541_R.jpg

P1190509_R.jpg

P1190554_R.jpg

P1190562_R.jpg

♪ 音々子のつぶやき ♪

本日の夕方、避妊手術を済ませたファーが無事に帰宅しました。

病院ではほとんど動かず、一度も鳴くこともなく、静かにしていたと

先生が言っていましたが、私の顔を見た途端、ニャーニャーと

鳴き始め、移動の車の中でもずっと鳴いていました。

家に着いてケージでしばらく静かにはしてくれましたが、出してと

騒ぎ出したので、シドの時と同じように私の隣で寝かせました。

物音に敏感になっていて、寝ても音に反応してすぐに起きてしまい

ましたが、しばらくしたら落ち着いたようで、今は眠っています。

かなり疲れた様子なので、抜糸まではできるだけファーの側にいて

切ったところが開かないように注意しようと思います。

ケージから出した時に少し部屋を歩かせたら、キャットタワーに

登ろうとしたのには驚きました(@-@;)

みんなファーの体をなめようとするし…注意しなきゃいけないことは

たくさんありそうです。

帰宅してご飯は食べましたが、トイレもしてないし、水も飲んでいません。

6時間経過しているのでもう少し様子を見て、朝になっても変わらない

ようなら動物病院の先生に相談しようと思います。


ファーの避妊手術でご心配おかけしてすみません。

いつもあたたかいコメントに励まされ、いただいたアドバイスを参考に

させてもらっています。

本当にありがとうございますm(_ _ )m

シドの去勢手術とファーの避妊手術の経験は、これから去勢・避妊手術

を予定しているニャンコがいる飼い主さんにお役立ていただけるように

記録していきたいと思います。


今後ともよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ



応援してもらえたら嬉しいです。
お手数お掛けしてスミマセンm(_ _ )m

Theme: 猫画像 | Genre: ペット

ファーの避妊手術が無事に終わりました

ファーの避妊手術が無事に終わりました。

今回もシドの時と同様、とても心配しましたが、術前検査も問題なく

手術をすることができてよかったです。

一日入院なので明日の夕方にお迎えに行き、10日後に抜糸に行きます。

「痛がってないかな…」「寝られているかな…」「鳴いてないかな…」と

こうしていても何度もファーのことが心配になりますが

お腹の傷が開いたりしないようにできるだけ側にいて、精神的に落ち着く

ように過ごそうと思います。

ご心配いただいた方、どうもありがとうございましたm(_ _ )m


いつもは写真中心の猫マンガ風のブログですが、今回は今日

あった出来事を書かせてもらおうと思います。

お時間があれば読んでもらえたら嬉しいです。

------------------------------------------------

今日あった2つのちょっと嬉しい出来事です。

動物病院に平日の午前中に行く時はいつもバスを使っているのですが

シドの去勢手術の時、バスが満員で立っている人もいる状態でした。

ニャンコを大きなリュックタイプのキャリーに入れて移動しているので

今日も満員だったらまた迷惑をかけちゃうな…と、少し不安な気持ちで

バスに乗りました。

やはり今日も満員に近い状態で、二人掛けの椅子は何ヶ所か空いて

いましたが、立っていることにしました。

バスに乗り込んですぐに、ファーが大きな声で鳴き始め、ほとんどの

乗客の人が振り返り「え?猫?」と言っている人もいました。

恥ずかしかったので頭を下げながら前の方に移動していたら

20代後半くらいの女の人が

「猫ちゃん、揺れると怖がるでしょ?座りますか?」と聞いてくれました。

丁重にお断りさせていただきましたが、そのお気持ちが嬉しかったです。


バスを降りて徒歩で動物病院に向かい、動物病院に入ると

待合室には50代くらいの女の人が洗濯ネットに入れた猫ちゃんを

抱っこしていました。

その猫ちゃんの診察が終わり、ファーの検査が終わり、検査の結果を

待っている時に、待合室にいた女の人が「猫ちゃんですか?」と

声をかけてきたので私は

「はい、猫です。今日は避妊手術で来ました。猫ちゃんですか?」

と聞きました。そしたらその女のひとは

「はい。野良猫なんです。1年半くらい前から家のまわりにいて

最近、尻尾をケガしていたので様子を見ていたら、日に日に痩せて

いって心配になって…それで思い切って捕獲して連れてきました。」

と、話してくれました。

家には3匹の猫がいて、すべて拾った猫ちゃんで、ご主人からもうこれ

以上増やすなと言われていると、続けて話してくれました。

捕獲したことも病院に連れてきたこともご主人には話していないので

帰ったら怒られると苦笑いしながら猫ちゃんを優しく撫でていました。


私が住んでいる県は、犬猫の殺処分率がワーストの上位に入る県で

1年前に引っ越してきてしばらくしてその現状を知り、とてもショックを受けました。

美容師さんが野良犬のやっつけ方を自慢げに話している姿や

野良犬、野良猫の駆除のためにトラバサミを置いている人がいることを聞いたり

正直、どんどんこの土地の人が嫌いになってしまうと思っていました。

なので、今日あったの2つの出来事で、救われたような気持ちになりました。


最後まで読んでくれてありがとうございましたm(_ _ )m

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ



応援してもらえたら嬉しいです。
お手数お掛けしてスミマセンm(_ _ )m

Theme: 猫画像 | Genre: ペット

ファーの避妊手術

昨日の記事でも書きましたが

明日、ファーの避妊手術をお願いすることになりました。

先週のシドの去勢手術に続き、二週連続での手術。

シドが普通の生活に戻ったかなと思ったところでの

ファーの発情→手術で心労は続きますが

一番つらいのはファーなので、できるだけ普段通りに接して

明日の手術に向かいたいと思います。

P1190432_R.jpg

まだなにも知らないファーは、私の膝の上でウトウトしていますが

そろそろ ゴロニャ~ゴ~~ がはじまる時間です。

少しでも長く寝てくれるといいのですが…。


明日、明後日とまたバタバタしそうなので、コメントのお返事や

皆さまのブログへうかがえないかもしれません。

申し訳ありませんが、ご了承くださいm(_ _ )m


にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ



応援してもらえたら嬉しいです。
お手数お掛けしてスミマセンm(_ _ )m



Theme: 猫画像 | Genre: ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。